イスラム教徒の性事情(アラブ諸国)

イスラム.jpg

 

敬虔なイスラム教徒の女性は結婚するまで処女でいなければなりません。

 

女性は黒いベールをかぶって目だけを出し、

他の男性には顔すらも見せないのです。

(一部の女性は目すら見せず、ベールを全部被っていたりします)

 

あくまで女性は自分自身のすべてを旦那様に捧げる存在とされているのです。

 

結婚する相手は、基本的に女性側の父親が相手を探してきて

その人と結婚するのだとか。

 

ここまでですと、とても性に対して固く真面目な印象になりそうですが・・・。

中東の国にはスークと呼ばれる屋根付きの巨大な市場があり、

そこでは値段交渉をしながら、アラブ的商売が営まれています。

 

実は、そのお店の多くは、セクシーランジェリーショップなんですよ。

 

真っ黒なガウンをはおって、真っ黒なベールを被って、

(もっと敬虔な人は手袋までしていたりします)

そんなセクシー下着のお店に入っては品定めをしている姿は

とても不思議な光景です。

 

黒を纏った、あの姿の下には、

とんでもなくセクシーな下着を身に着けているかと思うと、

ある意味ギャップが素敵なのかもしれませんけどね(笑)

 

ちなみに、カップルが初めてセックスが出来るのは新婚初夜です。

新婚初夜の意味を、しっかり守られている気がしますね。

しかも、翌日には、シーツに血がついているかどうかを

親族に見せなければならないのです!

恥ずかしい・・・。

血が出ない体質の人もいるでしょうにね。

 

もちろん、一部には我慢できずに

隠れてセックスしているイスラム教徒同士のカップルもいるようです。

それでも初夜の翌日には、

シーツについた血を見せないといけないですから

羊の血をビンなどに入れて持ち込んで、

それを数滴垂らしてごまかしているようですよ。

 

そんな中東の人達は、極東に住む日本人に対して、

とても好意を持ってくれています。

日本という国を知っていて、とても親日的なんですって。

とても温かい人が多い国だそうです。

もし行かれる機会がありましたら、

ランジェリーショップを覗いてみるのも楽しいかもしれませんね。



 

メルマガを友達に教える

イスラム教徒の性事情(アラブ諸国)How to sex 女性カウンセラーが答えるセックス悩み相談解決 ハウ・トゥ・セックス

HOME -> お国柄で知るセックスタイプ -> イスラム教徒の性事情(アラブ諸国)

※豊富な経験があるセックスカウンセラーがお答えしますので、
自分で悩まずに、一度ご質問やご相談をしてみて下さい。

How to sex 女性カウンセラーが答えるセックス悩み相談解決 ハウ・トゥ・セックス、セックスカウンセラーにエッチな質問、相談をする