ソレが上手。(イタリア)

「Italians do it better!」という言葉をよく聞きます。

直訳すると「イタリア人はソレが上手」。

そのまんまですね(笑)

 

「ソレ」とは、つまりセックスのことです。

もちろん、個人個人の主観もありますから

一概に言えることではないですが

イタリア人は、強く、熱く信じているのだそうです。

 

「世界で一番セックスがうまいのは、俺達イタリア人だ!」と。

 

イタリアといえば女たらしというイメージがあるかもしれません。

かの有名なロッキー・バルボアには

「Italian Stallion」というニックネームがついています。

直訳すると「イタリアの種馬」なのですが、

転じて女性をとっかえひっかえする精力旺盛な「色男」を表しているそうです。

 

エイドリアン命のロッキーには、女たらしなイメージはありませんけどね。

 

とはいえ、イタリアの男性が相対的に精力絶倫であることは間違いないようです。

なにしろ絶倫であることが男としての「魅力」に直結しているとかなんとか。

そして実際に、イタリア人男性の女の子とのアバンチュール熱望指数は

とても高く、その手口はかなり強引です。

 

セックスを“秘め事”とする日本人と比べると、

イタリア人が「本能的」であることは確かですね。

イタリア人にとってのセックスは、

日本人にとってのセックスと比べてみると、

あっけらかんしていて、とても明るいのです。

もちろん、イタリア人男性にはイマジネーションもありますし、

セックスを楽しもう!という勢いもあって、

それなりの技術力なんかもあります。

セックスを楽しむという姿勢が「本能としての性欲」をいかに楽しく満たすか、

という方向性なんですね。

 

そう考えると、日本人にはイタリア人のセックスというのは

あまり合わないのかなと思います。

日本人のセックスって、前述したように「秘め事」であって

その背徳感だったり、タブーのようなものに

興奮を覚えている部分が大きいと思うんです。

 

“タブー”なものは、常に“燃える”ものですからね。

 

イタリア人にはそれがありません。

直接的で明るく、即物的であっけらかんとしています。

性に対して真正面からぶつかるというか、

正々堂々と性を謳歌しているという感じなんですよね。

 

そういえばイタリアでは、2008年に財政赤字解消の切り札として、

ポルノ映画、DVD、雑誌の販売 になどに25%課税する

「ポルノ税」を導入したことで騒がれましたよね。

やはりそういったものの消費は多いらしいと聞きますので、

取りやすい税といえるのかも知れませんが・・・。

ポルノ税だなんて、その発想が面白いですよね。



 

メルマガを友達に教える

ソレが上手。(イタリア)How to sex 女性カウンセラーが答えるセックス悩み相談解決 ハウ・トゥ・セックス

HOME -> お国柄で知るセックスタイプ -> ソレが上手。(イタリア)

※豊富な経験があるセックスカウンセラーがお答えしますので、
自分で悩まずに、一度ご質問やご相談をしてみて下さい。

How to sex 女性カウンセラーが答えるセックス悩み相談解決 ハウ・トゥ・セックス、セックスカウンセラーにエッチな質問、相談をする