首長族とセックス(タイ北部)

タイ北部のミャンマーとの国境近くに「首長族」と呼ばれる人たちが住んでいます。

この辺りは山岳地帯で、少数民族の村が点在しています。

首長族もそんな少数民族のひとつなのですが、

実は首長族というのは民族の名前ではありません。

カレン族などの一部で女性の首を長くしていたために

そのように呼ばれるようになったのだそうです。

 

もともとは、女性が虎から急所を守るために

鉄製の首輪を首に巻き始めたことが由来で、

その後は伝統として、手首、足首にも巻くようになったんだとか。

 

そんな首長族のセックス事情はといいますと、

自宅ではなく、村にいくつかあるそれ専用の小屋でするんですって!

セックス専用の小屋ですから、

村の人達が共同で使っているわけです。

電気があるわけでもない小さな村で、

覗かれたりしないのでしょうかねえ・・・。

 

しかも、専用といってもほったて小屋の中にただマットが敷いてあるのみ・・・。

 

無料とはいえ、誰かが先に入っていたら、

外で待っていたりするんでしょうか?

予約制の家族風呂感覚なのかもしれませんね。

 

女性の首にはめた輪はそう簡単には取れません。

1年に何回か、輪を継ぎ足すためにはずすくらいなんだそうです。

屈んだりするのですら大変そうなのに、

セックスってどうやってするのでしょう?

とっても興味がありますが、もし行くことがあったとしても

さすがにその小屋を覗く勇気はありませんけどね・・・。



 

メルマガを友達に教える

首長族とセックス(タイ北部)How to sex 女性カウンセラーが答えるセックス悩み相談解決 ハウ・トゥ・セックス

HOME -> お国柄で知るセックスタイプ -> 首長族とセックス(タイ北部)

※豊富な経験があるセックスカウンセラーがお答えしますので、
自分で悩まずに、一度ご質問やご相談をしてみて下さい。

How to sex 女性カウンセラーが答えるセックス悩み相談解決 ハウ・トゥ・セックス、セックスカウンセラーにエッチな質問、相談をする