エストロゲン

発情ホルモンの作用をもつ物質の総称。

発情ホルモンとその誘導体および、全く構造の異なる合成物質があります。

発情ホルモンと同義に使われることが多いようです。

 

また、女性ホルモン・卵胞ホルモンともいいます。

排卵の準備をするホルモンで、月経の終わりから排卵前に分泌が高まります。

更年期以降は分泌が減少傾向をたどります。

エストロゲンの減少は自律神経の調整を阻害したり、

骨のカルシウムの減少を引き起こします。

さらに、皮膚や粘膜にも老化が現れ、性交痛などを引き起こすこともあります。

 

イライラやのぼせ、肩こり、冷え、不安愁訴など

いわゆる「更年期」の症状は、

このエストロゲンの分泌低下により引き起こされると考えられています。

 

エストロゲンには

カルシウムが骨から血液に過剰に溶け出すのを抑える働きがあります。

更年期以降の女性が骨粗鬆症に気をつける必要があるというのはこの為です。



 

メルマガを友達に教える

エストロゲンHow to sex 女性カウンセラーが答えるセックス悩み相談解決 ハウ・トゥ・セックス

HOME -> セックスに関する用語集 » あ行 -> セックスに関する用語集 -> エストロゲン

※豊富な経験があるセックスカウンセラーがお答えしますので、
自分で悩まずに、一度ご質問やご相談をしてみて下さい。

How to sex 女性カウンセラーが答えるセックス悩み相談解決 ハウ・トゥ・セックス、セックスカウンセラーにエッチな質問、相談をする