イク

イクとは、オーガズムを迎えることです。

それについてはオーガズムの項目でご説明しますね。

 

では、イクとは?

「イク」「イかない」などという話、よく目や耳にはするけれど

実際に誰かに相談するのって難しいですよね。

男性と違って女性のイクという感覚は、

誰でもすぐに分かるというわけではありません。

 

イキやすいひとと、イキにくい人もいます。

イった感覚を知っている人とそうでない人の割合だって半々くらいだと思いますよ。

 

例えば、イクにしても

クリトリスでイクことは出来ても、挿入ではイったことが無い

という方が大勢いらっしゃいます。

 

もしも、イクという感覚が全く分からないという方は、

まずはクリトリスでのオナニーから始めてみてくださいね♪

そこでイクという感覚を呼び覚ましてあげましょう。

 

人間は知らないことを経験することは出来ません。

まず、イクとはどんな感覚でどんなことなのか、を自分の身体に教えてあげましょう。

 

さて、クリトリスでイクことが分かったら・・・。

すでにクリトリスではイケていたのよ、という方もいらっしゃいますね。

挿入でイクこと(中イキと呼ばれています)は、

ちょっとレベルが上がってしまいます。

 

クリトリスがとても敏感な部位であるのに対して、膣内はやや鈍感な箇所だからです。

特に、長いことクリトリスのオナニーだけでイクことを覚えてしまった方は、

挿入でイキにくい場合があります。

男性が手でのマスターベーションに慣れてしまうと、

膣内での刺激だけではイキにくくなってしまうのと似ています。

 

中ではイケない・・・という場合、

クリトリスの時と同様にトレーニングをしてみましょう。

 

先ほども申し上げましたとおり、人間は知らないことを感じ取ることは出来ません。

 

まずは自分で自分の感じる場所を探し当てることも大切。

そして、「ここかなあ」と思う場所があれば、そこを刺激してあげてください。

最初は全く分からないかもしれません。

その場所自体がまだ目覚めていないのです。

 

パートナーとのセックスの時は、リラックスするようにして、

中(膣)の感覚を大事にしてみましょう。

複合技で、挿入中にクリトリスを刺激してもらってもいいでしょう。

(自分で触ってもOKです)

この複合技で、イケる!イケた!と言う人も結構いらっしゃいますよ。

 

イクということを一度覚えさせてあげるのです。

 

そもそも女性はときめきで生きています。

直球で性的な欲求をぶつける男性とは違い、

ときめいていたり興奮することで気持ちが盛り上がるんですね。

気持ちの盛り上がりが快感に繋がる。

いわば脳でイクようなもの。

 

ですから、彼氏に悪いな・・・と演技でイクふりをしていたり、

膣に力を入れ過ぎていたりすると、

いつまでも本当の「イク」は経験でき無いでしょう。

 

リラックスして、愛されることでイキやすい身体になっていきましょう。

もちろん前戯もとっても大切なことです!

おろそかにする男性がいたら、とんでもないことですよ。

 

セックスは2人で気持ちよくなるものです。

ここをこうすると、こうしてもらうと気持ちいいな、と

勇気を出して、声に出してみましょうね。



 

メルマガを友達に教える

イクHow to sex 女性カウンセラーが答えるセックス悩み相談解決 ハウ・トゥ・セックス

HOME -> セックスに関する用語集 » あ行 -> セックスに関する用語集 -> イク

※豊富な経験があるセックスカウンセラーがお答えしますので、
自分で悩まずに、一度ご質問やご相談をしてみて下さい。

How to sex 女性カウンセラーが答えるセックス悩み相談解決 ハウ・トゥ・セックス、セックスカウンセラーにエッチな質問、相談をする