ヴァギナ

日本語では膣のことをいいます。

男性のペニスを刀になぞらえて、それを収める鞘という意味があるようです。

 

本来は、性器そのもののことではなくて、

体外から子宮に通じる管の部分をヴァギナといいます。

日本では女性性器のことを指してヴァギナと呼ばれていることが多いですね。

 

ヴァギナの役割は、子宮・膣などから分泌される体液や、

生理時の血液などを体外に排出する道としての役割、

セックスのときに男性のペニスを受け入れ、性的快感を与えて射精を促し、

精子を卵子へと誘う道としての役割、

そして、子宮から母親の体外へ胎児を運んでいく道(産道)としての役割があります。

 

濡れるという状態は、ヴァギナから膣液が分泌されることを意味します。

膣は平常時は閉じられていて空洞ではありませんが、

性的に興奮すると広がって、ペニスが十分に入る空間になります。

 

また、膣の奥側・・・尿道口の下側の方に処女膜があります。

これについては、処女膜の項目をご覧下さいね。

 

男性からの意見として、セックスのときに強烈な性的快感を覚えさせる優秀なヴァギナのことを「名器」と呼んだりもします。

一般的に、セックスの際に、よく濡れて、よく締まることだと言われていますね。

女性の体に対して優劣をつけるなんて!と 少々腹立たしくも思いますが・・・

やはりせっかくならば男性から「ゆるい」なんて言われたらショックですよね。

 

この「ゆるみ」は、運動不足が原因と言われています。

例えば、デスクワークで1日座りっぱなしの方よりは、

よく歩く方の方がヴァギナの締まりが良いと思われます。

 

この締まりを手に入れるための簡単なトレーニングとしては、

肛門括約筋を締めるのに効果がある運動をするのが一番ですよ。

 

要は『お尻の穴を締める』ということです。

 

気付いた時に、お尻をキュッと締めるだけです。

女性は年齢を重ねるとヴァギナの筋肉が緩みやすくなります。

そのため尿漏れや尿失禁で悩まれている女性も多いのです。

ヴァギナの筋肉を鍛えることで、尿漏れや尿失禁も解消出来ます!

 

筋肉はどこの部位でも同じですから、使わなければ自然に衰えますが、

何歳からでも鍛え直すことが可能なんです。

 

ヒップアップも期待できるかもしれませんよ♪



 

メルマガを友達に教える

ヴァギナHow to sex 女性カウンセラーが答えるセックス悩み相談解決 ハウ・トゥ・セックス

HOME -> セックスに関する用語集 » あ行 -> ヴァギナ

※豊富な経験があるセックスカウンセラーがお答えしますので、
自分で悩まずに、一度ご質問やご相談をしてみて下さい。

How to sex 女性カウンセラーが答えるセックス悩み相談解決 ハウ・トゥ・セックス、セックスカウンセラーにエッチな質問、相談をする