βエンドルフィン

脳内で働く神経伝達物質エンドルフィンの一種。

βエンドルフィンは「脳内モルヒネ」という意味で、

鎮痛効果や気分の高揚、幸福感などが得られるため、

脳内麻薬とも呼ばれます。

 

体をリラックスさせほっとする感覚を与える一方で、

無くなるとイライラするなど、体が分泌を欲する習慣性があります。

 

人間は、人から「いやだな」と思うようなことを言われると

脳内で毒性のあるノルアドレナリンと呼ばれるホルモンが分泌され、

逆に「いいな」と思うとβエンドルフィン(脳内モルヒネ)が

快感ホルモンとして分泌されます。

 

エンドルフィンにはアルファ、ベータ、ガンマの3つがあって、

βエンドルフィンはその中でも苦痛を取り除くときに最も多く分泌されます。

マラソンなどで苦しい状態が一定時間以上続くと、

脳内でそのストレスを軽減するためにβ-エンドルフィンが分泌され、

やがて快感や陶酔感を覚えるようになります。

「ランナーズ・ハイ」と呼ばれる現象はこれのことを指します。

 

また、βエンドルフィンはセックスの際や、

美味しいものを食べたときなどにも分泌されるといわれています。



 

メルマガを友達に教える

βエンドルフィンHow to sex 女性カウンセラーが答えるセックス悩み相談解決 ハウ・トゥ・セックス

HOME -> セックスに関する用語集 » は行 -> セックスに関する用語集 -> βエンドルフィン

※豊富な経験があるセックスカウンセラーがお答えしますので、
自分で悩まずに、一度ご質問やご相談をしてみて下さい。

How to sex 女性カウンセラーが答えるセックス悩み相談解決 ハウ・トゥ・セックス、セックスカウンセラーにエッチな質問、相談をする