ホルモン補充療法

40歳くらいから女性ホルモンが徐々に減りはじめ、

更年期、閉経とその減少速度を早めます。

ホルモンバランスの変化に体が応じて

自然にホルモン調節が出来れば問題はないのですが、

時には重度の更年期障害や自律神経失調症の症状が出ます。

 

これらの治療として、不足しているエストロゲンを補い、

更年期の不定愁訴をはじめとするさまざまな障害を解消しようというのが

『ホルモン補充療法』です。

 

閉経後の性交痛の緩和にも効果があるようですが

副作用がありますので、

ホルモン補充療法の長所と短所を正しく理解して、

自分で納得して治療を受けることが大切です。

 

また、現在乳ガンや子宮ガンにかかっている人、

あるいは過去にかかったことのある人、重い肝機能障害のある人、

血栓症にかかったことのある人は受けられません。

高血圧や糖尿病の人も注意が必要で、

検査を受け、症状を観察しながらでなければ、受けられません

 

また、一般に、ホルモン療法はガンが発生しやすいとか、

副作用が強いなどとも言われています。

がんの不安をかかえながら治療を受けてもよい結果が出るとはいえないので

患者さんの気持ちをきちんと受け止めてくれる

信頼できる医師のもとで治療を受けることが必要です。

 

HRTと略すこともあります。



 

メルマガを友達に教える

ホルモン補充療法How to sex 女性カウンセラーが答えるセックス悩み相談解決 ハウ・トゥ・セックス

HOME -> セックスに関する用語集 » は行 -> セックスに関する用語集 -> ホルモン補充療法

※豊富な経験があるセックスカウンセラーがお答えしますので、
自分で悩まずに、一度ご質問やご相談をしてみて下さい。

How to sex 女性カウンセラーが答えるセックス悩み相談解決 ハウ・トゥ・セックス、セックスカウンセラーにエッチな質問、相談をする