ポリネシアンセックス

南太平洋諸島ポリネシアに暮らす人々の間に伝わる

射精を目的としない癒しのセックスのスタイルのこと。

 

結合(挿入)するセックスは普通5日に1度、

中4日は性器を刺激しない愛撫だけにとどめ気分を高めて

しっかりと抱き合って肌を密着させて眠ります。

 

セックスをする時は、前戯や抱擁や愛撫に最低1時間をかけ、

お互いの心と体がなじんだ時に女性の中に挿入します。

後は最低30分は動かずに抱擁や愛撫に留め、じっと抱き合っています。

それからやっとピストン運動を始め、オーガズムがあった後も、

30分以上性器を結合させたまま抱き合う事でより気分を高めます。

そのことによって、全身においてオーガズムの快感の波が

次々と押し寄せてくるのを感じ初めるというものです。

 

スローセックスの一種であるといえます。

 

射精よりも精神的な交わりを目的としたセックスで、

通常男性のオーガズムは数秒しか持続しないのですが

この方法では長時間のオーガズムが感じられるといわれています。

 

セックスの前にはたっぷりと食事をとらないようにします。



 

メルマガを友達に教える

ポリネシアンセックスHow to sex 女性カウンセラーが答えるセックス悩み相談解決 ハウ・トゥ・セックス

HOME -> セックスに関する用語集 » は行 -> セックスに関する用語集 -> ポリネシアンセックス

※豊富な経験があるセックスカウンセラーがお答えしますので、
自分で悩まずに、一度ご質問やご相談をしてみて下さい。

How to sex 女性カウンセラーが答えるセックス悩み相談解決 ハウ・トゥ・セックス、セックスカウンセラーにエッチな質問、相談をする