カウパー腺液(がまん汁)

勃起して興奮が高まった際に出る透明の液のことです。

 

勃起した後に、摩擦などの刺激によって「軽い快感」を感じ始めると、

ペニスの先端(尿道口)から透明の粘液が滲み出てきます。

この粘液がカウパー腺液、前液・似精(ジセイ)、

俗にがまん汁などとも呼ばれています。

 

精液とは全く異なるもので、基本的に精子は含まれていないと言われます。

ただし、直近の精子の残存兵が尿道に残っている場合は別の話になります。

確率的に妊娠に至る危険は殆どないと言われていますが、

男性が気付かずに精液を漏らし妊娠に至るケースも多いため

避妊具は必ず着用するようにしましょう。

 

無臭の無色透明の粘液であり、若干の塩味を伴います。

中度の粘性があって、皮膚に圧着した後、

延長すると、数十センチメートルほど糸を引くように伸びます。

皮膚表面に塗り広げるなどすると乾燥しやすい性質がありますが、

再度、水分を与えると、ほぼ元の状態に復帰します。

乾燥すると光沢性のある白色の物質に変化します。

 

カウパー腺とは、クーパー腺,球尿道腺,尿道球腺とも呼ばれる男性の副生殖腺。

直径5〜8mmで球状を呈していて、

尿道球腺管を通して精液と混合する粘性のある液を尿道へ分泌します。

これが、カウパー腺液(がまん汁)です。

 

先走り(先走り液、先走り汁、先走りの淫水など)とも呼ばれます。

 



 

メルマガを友達に教える

カウパー腺液(がまん汁)How to sex 女性カウンセラーが答えるセックス悩み相談解決 ハウ・トゥ・セックス

HOME -> セックスに関する用語集 » か行 -> セックスに関する用語集 -> カウパー腺液(がまん汁)

※豊富な経験があるセックスカウンセラーがお答えしますので、
自分で悩まずに、一度ご質問やご相談をしてみて下さい。

How to sex 女性カウンセラーが答えるセックス悩み相談解決 ハウ・トゥ・セックス、セックスカウンセラーにエッチな質問、相談をする