セーファーセックス(セーフセックス)

基本的に安全なセックスをすることです。

 

STDやHIVに感染しないように

必ずコンドームを使用するなど

感染するリスクを減少させる行動をとりながら

セックスをすることを指します。

 

性病等は直接の挿入や膣内での射精だけではなく

フェラチオ、クンニリングスなどのオーラルセックスやアナルセックス、

ディープキスなどによって

体液や血液が相手の粘膜、傷口に付着することから感染します。

 

そのため、それらが直接接触しないように何らかの道具を使ったり

あるいはリスクの高い行為自体を避けることでもあります。

 

これは男女間、あるいは男性同士の性交だけではなく

女性同士の性交においても行うことが推奨されています。

 

セーファーセックスは

日本では未だ充分に意識されているとは言い切れず、

また実際の方法についての誤解も多いようです。

 

不特定多数とリスクの高い性交をしないことは性病等の予防策として重要ですが

その相手が性病等のウィルスのキャリアであることも充分考えられるため

特定の相手としか性交渉を持たないからといって

セーファーセックスをしない理由にはなりません。



 

メルマガを友達に教える

セーファーセックス(セーフセックス)How to sex 女性カウンセラーが答えるセックス悩み相談解決 ハウ・トゥ・セックス

HOME -> セックスに関する用語集 » さ行 -> セックスに関する用語集 -> セーファーセックス(セーフセックス)

※豊富な経験があるセックスカウンセラーがお答えしますので、
自分で悩まずに、一度ご質問やご相談をしてみて下さい。

How to sex 女性カウンセラーが答えるセックス悩み相談解決 ハウ・トゥ・セックス、セックスカウンセラーにエッチな質問、相談をする