造精機能障害

男性不妊で最も多い原因で、

精子を作る機能に異常があって精子をうまく作れない、

または、精子がまったく作れないという不妊症です。

或いは精子の元気が無く運動率の悪い障害のこと。

 

妊娠には、1回の射精で5000~2億の精子が必要なのですが、

これ以上少ない事を乏精子症といい、妊娠の確立を低下させます。

精子の数が基準を少し下回る程度であれば、

タイミング法などで妊娠の確立をあげます。

また、精子の数が2000~3000万ほどなら人工授精、

300万以下では体外受精、100万以下なら顕微授精という治療法があります。

 

全然無いのは無精子症で、造精機能障害の中でも重い症状になり、

精液中に精子が一匹もいない状態です。

精巣や精巣上体に精子が存在していれば、

顕微授精などの不妊治療で受精・妊娠することが出来ますが、

精巣や精巣上体にも精子が1匹もいない場合には、

妊娠することが出来ません。

 

精子の数は正常にあるけれど、

運動能力が乏しい精子や尻尾が短く切れている精子など

しっかり泳げない精子が50%以上の精子無力症。

 

また、精液の量が2ミリリットル以下の場合も

妊娠確率を低下させる乏精液症です。



 

メルマガを友達に教える

造精機能障害How to sex 女性カウンセラーが答えるセックス悩み相談解決 ハウ・トゥ・セックス

HOME -> セックスに関する用語集 » さ行 -> セックスに関する用語集 -> 造精機能障害

※豊富な経験があるセックスカウンセラーがお答えしますので、
自分で悩まずに、一度ご質問やご相談をしてみて下さい。

How to sex 女性カウンセラーが答えるセックス悩み相談解決 ハウ・トゥ・セックス、セックスカウンセラーにエッチな質問、相談をする