デーデルライン桿菌

膣内に常駐して、

外部から侵入してきた菌の繁殖を抑える働きをしている善玉菌で

乳酸菌の一種です。

 

デーデルライン桿菌は膣の中を酸性にして、

悪玉菌が増えるのを防ぐために存在しています。

 

デーデルライン桿菌が作る乳酸によって膣の中が守られているため、

ほかの微生物が増殖して病気を起こすようなことはめったになく

これが膣の自浄作用となります。

 

ホルモンバランスの乱れや

糖尿病、過労・偏食・ビタミンB群の不足などにより

デーデルライン桿菌の働きが低下してしまいます。

すると自浄作用機能が低下し、

膣内でほかの微生物(真菌や細菌)が増殖します。

 

また、デーデルライン桿菌などの乳酸菌類は抗生物質にとても弱く、

風邪や歯痛のために抗生物質などを使っただけで、

菌が死んでしまい膣炎になってしまうということは、よくあることです。



 

メルマガを友達に教える

デーデルライン桿菌How to sex 女性カウンセラーが答えるセックス悩み相談解決 ハウ・トゥ・セックス

HOME -> セックスに関する用語集 » た行 -> セックスに関する用語集 -> デーデルライン桿菌

※豊富な経験があるセックスカウンセラーがお答えしますので、
自分で悩まずに、一度ご質問やご相談をしてみて下さい。

How to sex 女性カウンセラーが答えるセックス悩み相談解決 ハウ・トゥ・セックス、セックスカウンセラーにエッチな質問、相談をする