ドーパミン

快感神経のA10やA9から分泌されるカテコラミンという神経伝達物質の一種。

ノルアドレナリンやエピネフリンの合成前駆物質ですが

独自化学物質としての働きにも注目されています。

 

運動機能、ホルモン調節機能の他、快感、多幸感、運動調節に影響を与えます。

 

パーキンソン病の研究を通して、その実態が研究されていて

主に人間の行動の動機づけの役割を果たしてドーパミンニューロンが働きますが

学習機能にも関わっているようです。

 

このドーパミンが不足すると、振戦や筋固縮などの

思うように行動できないパーキンソン病の原因になったり、

逆に多すぎると幻覚症状や精神分裂を引き起こします。

 

麻薬、コカイン、タバコなどはドーパミンの分泌を促進する働きがあります。



 

メルマガを友達に教える

ドーパミンHow to sex 女性カウンセラーが答えるセックス悩み相談解決 ハウ・トゥ・セックス

HOME -> セックスに関する用語集 » た行 -> セックスに関する用語集 -> ドーパミン

※豊富な経験があるセックスカウンセラーがお答えしますので、
自分で悩まずに、一度ご質問やご相談をしてみて下さい。

How to sex 女性カウンセラーが答えるセックス悩み相談解決 ハウ・トゥ・セックス、セックスカウンセラーにエッチな質問、相談をする