ワギニスムス

心理的影響で起きる膣口周辺の筋肉の収縮のこと。

 

心理的な背景があると、

性交時に膣の入り口近くの筋肉が無意識に 収縮して、

挿入が困難になってしまう状態があります。

これをワギニスムス、または膣痙と呼びます。

 

多くは軽度の症状で、性交時に痛みを感じるものなのですが、

強度になるとペニスの挿入自体が困難になってしまいます。

 

器質的問題がない場合の性交痛は、

多かれ少なかれこのワギニスムス現象を持つと思われます。

特に「痛みのすり込み」が尾を引いて、又痛いのではと思った瞬間から

膣括約筋の収斂がはじまります。

 

心療的治療が最善なのですが、専門家は少ないのが現状です。

 

ワギニスムスを改善するには、とにかく痛みを我慢しないことです。

相手の男性に協力してもらって、痛みを感じない工夫をしましょう。

痛みを感じることなく性交できれば、恐怖心や緊張感が和らいでいき、

症状も徐々に改善していきます。

 

慣れるまでは、ベビーオイルや市販の腟潤滑用ゼリーを使うとよいですよ。



 

メルマガを友達に教える

ワギニスムスHow to sex 女性カウンセラーが答えるセックス悩み相談解決 ハウ・トゥ・セックス

HOME -> セックスに関する用語集 » わ行 -> セックスに関する用語集 -> ワギニスムス

※豊富な経験があるセックスカウンセラーがお答えしますので、
自分で悩まずに、一度ご質問やご相談をしてみて下さい。

How to sex 女性カウンセラーが答えるセックス悩み相談解決 ハウ・トゥ・セックス、セックスカウンセラーにエッチな質問、相談をする