痛みをやわらげるためにできること

 

痛みをやわらげる.jpg

 

 

 

初めてのセックスで痛みを少しでも減らすために、
女性側でできることとは何でしょうか?

 

これは個人差のあるものですから、必ずしも痛みや出血を伴うとは限りません。

思い込みすぎて身体が固くなると痛みが増幅する場合もありますから、
いたずらに怖がったりすることはしないでください。

 

女性側もある程度の知識を持つことで、軽減することは可能なはずです。

一言で「初体験の痛み」と言っても、原因は様々です。
知っておくことで痛みに対する恐怖をコントロール出来るようになると良いですね。

 

一番大きな原因のひとつに膣の潤い不足があります。

膣が濡れていないと挿入が出来なかったり、挿入しても強い痛みを伴います。
痛みだけではなく、膣の内部を傷つけてしまうこともあり得ます。
初体験の時には緊張や不安で濡れない人もいるかもしれません。
もちろん濡れ方にも個人差はありますが、ローションや潤滑ゼリーを用意しておくと

安心でしょう。

 

挿入の瞬間は特に緊張が高まって身体に力が入ってしまうでしょう。

でも、身体に力が入ると膣の周りにある膣括約筋という筋肉が

強く締まってしまいます。
そうなると膣が固くなり、挿入しようとすると痛みを感じます。
まずは呼吸に気をつけてみてください。
気付かずに息を止めてしまっているかもしれません。
息を止めてしまうと、全身が力んでしまいます。
ゆっくり「ふーっ」と息を吐き出すことで身体の力を抜きましょう。
そのタイミングで挿入できれば、スムーズに入れる事が出来るでしょう。
出来る限り全身の力を抜いて、お尻の穴を緩めることで膣も緩められますよ。

 

それと、一番楽な体位を取ると痛みを軽減できます。

初めての時は恥ずかしさで足を閉じてしまうかもしれません。
その場合、男性は膣の入り口が確認出来ずに、
ペニスを正しい位置に正しい角度で挿入することが出来ません。
正しい位置に入らなければ痛むのは当然です。
仰向けに寝た状態で膝を立てて、足を開いた形で挿入してもらうのが良いでしょう。

 

本当に大好きで大切な相手との初体験ならば、

痛かったとしても素敵な思い出に出来るはずです。

心も体も開いて、相手に委ねてみましょう。
不安や緊張を感じたら、呼吸することを思い出してくださいね。

 

また、男性も初めての場合には、

挿入を待たずに、や、挿入するなりで、射精してしまうこともあります。
これはなんら不思議なことでも恥ずかしがるようなことでもありません。
女性も優しく受け入れてあげましょうね。



 

メルマガを友達に教える

痛みをやわらげるためにできることHow to sex 女性カウンセラーが答えるセックス悩み相談解決 ハウ・トゥ・セックス

HOME -> セックス未経験の方へ -> 痛みをやわらげるためにできること

※豊富な経験があるセックスカウンセラーがお答えしますので、
自分で悩まずに、一度ご質問やご相談をしてみて下さい。

How to sex 女性カウンセラーが答えるセックス悩み相談解決 ハウ・トゥ・セックス、セックスカウンセラーにエッチな質問、相談をする