AIDS(HIV感染症)

ウィルス名はHIV「ヒト免疫不全ウイルス」による伝染病で

エイズ=「後天性免疫不全症候群」といいます。

 

HIVに感染すると人の免疫機能が破壊されます。


免疫機能とは、人があらゆる病気にかかることを防いでくれる機能のことです。

これが破壊され働きが鈍ることで、病気に対する抵抗力が極端に低下してしまいます。

そうして免疫不全状態に陥って、様々な感染症や悪性腫瘍などを引き起こします。

これが、エイズです。

 

ですので、HIV感染=エイズでは無いのですね。

 

一般的にHIVは感染力の弱いウィルスなので、熱や消毒に弱く、人間の体内以外で

生きていくことは出来ません。

ですから、通常の社会生活では感染しません。

 

HIVの感染経路は主に3つ。

 

・血液を介しての感染。

輸血や注射針の回しうちですね。

現在は、血液製剤が加熱殺菌されるので、輸血で感染する心配はないようです。

 

・母子感染

これは感染している母親から妊娠、出産、授乳をとおして

子供に感染する可能性があります。

 

・性感染

性行為による感染が、もっとも多い感染経路です。

とはいえ、唾液では感染しないため、キスや握手、ハグ程度ではうつりません。

 

HIVは、主に血液や精液、膣分泌液に多く含まれています。

血液や精液が粘膜を通して入るようなことをすれば感染してしまいます。

 

オーラルセックスの普及により、フェラチオとクンニリングスが一般的になったことで

性感染症が増加していると言われています。

エイズに関しても、オーラルセックスでの感染はあり得るとされています。

 

HIV感染者の精液・膣分泌液・血液から、相手の性器・肛門・口の粘膜や傷口を通って

感染します。

フェラチオは口内に小さな傷がつきやすいため、もし相手が感染者であれば

感染する確率がとても高いのです。

 

アナルセックスに関しては、HIV感染率のもっとも高いセックスですので

注意が必要です。

 

現在において、安全だという確信がない間は、避妊用具を徹底する以外に

HIVの感染を防ぐ手段はありません。

 

可能性がある以上、最初の1回で感染することもあり得るのです。

 

感染しないためには、セーフセックス(正しいセックス)をすることが

大切になってきますね。

 

・不特定多数の相手とセックスをしない=決まった相手と以外はしない

・コンドームを必ず正しく使用する

 

最低、この2つは絶対です。

コンドームも、正しく使用しなければ効果が発揮されないので、

使用前には必ず明るい場所で確認した方が良いですね。

 

また、また女性はセックスの時に接触する(膣と子宮頸部の)粘膜の表面積が広いため、

男性よりも感染しやすいと言われています。

HIV感染は今では致死的疾患ではなく、早期に発見できればエイズ発症を防ぐことも可能になりました。

ご自分やパートナーにHIV感染の不安があるなら、一度検査されることをお勧めします。

 

今の相手が大丈夫と思っても、お互いに過去の経験が無いわけではありませんね。

一緒に検査に行くことも大事ですよ。

 

晴れてHIV感染の可能性がゼロと分かったら、その特定の相手とのみセックスをする。

 

これが唯一100%安全な方法です。



 

メルマガを友達に教える

AIDS(HIV感染症)How to sex 女性カウンセラーが答えるセックス悩み相談解決 ハウ・トゥ・セックス

HOME -> セックスに関する病気 -> AIDS(HIV感染症)

※豊富な経験があるセックスカウンセラーがお答えしますので、
自分で悩まずに、一度ご質問やご相談をしてみて下さい。

How to sex 女性カウンセラーが答えるセックス悩み相談解決 ハウ・トゥ・セックス、セックスカウンセラーにエッチな質問、相談をする