梅毒

梅毒トレポネーマという細菌(スピロヘータ目スピロヘータ科)に感染することで

発症する、一昔前までは不治の病と言われていた恐ろしい病気です。

 

3週、3ヶ月、3年・・・(第一期から第四期と分かれます)と、

数字の3がキーワードになりますよ。

 

 

感染経路は、セックス、口、皮膚の傷などからであり

あらゆる性行為(セックス・オーラルセックス・アナルセックス)で感染します!

アナルセックスでの感染が特に多いと言われていますし、

口に梅毒の病変部分がある場合は、キスでも感染しますよ。 

感染すると、病原菌が血液中に入って全身に広がります。

 

コンドームを装着しても性器以外から感染する可能性がありますが

ある程度の予防にはなりますので、コンドームは必ず使用してくださいね。

 

 

さて、順を追って症状を挙げていきましょう。

 

 

まずは、第一期

3週間の潜伏期間を経て、感染した場所(性器、口、肛門、手指など)に

痛みの無い硬いおでき(しこり)が出来ます。

太ももの付け根などのリンパ節が腫れたり(痛くありません)もしますよ。

それが次第に潰瘍に進行します。

しかし、放置しておくと2~3週間で消えます。

これは治ったのではなくて、潜伏期間に入っただけです。

この後、暫く無症状が続きます。

 

第二期、感染して3ヶ月頃からは、病原菌が血液に入り、全身に広がります。

体の中心線にあたる部分を中心にして、全身にバラの花びら状の淡紅の斑点、

脱毛、などの症状が出てきます。

爪の変形なども現れて、リンパ節が腫れて扁桃炎になることもあります。

しかし、これらの症状は3ヵ月から3年続き、自然に消えます。

その後しばらく無症状が続きます。(当然ながら潜伏期間ですよ)

 

この第二期での治療がとても大切になります!

この時点で防ぐことが大事なんですね。

 

でも、前段階で治療を放置していると・・・

 

第三期3年後には皮膚、骨、筋肉、内臓にまでゴムのようなしこりが出来てしまいます。

結節性梅毒疹やゴム腫などといわれる、大きめのしこりです。

他人への感染力は弱まりますが、病原体が骨を侵してくるため、

激しい痛みがあるといわれます。

 

第四期は、末期症状となります。

10年以上未治療でいた場合ですね。

臓器に腫瘍が発生したり、痴呆、心血管系、中枢神経である脳脊髄の病変をきたし

最悪の場合、死に至ります。

 

 

が、実は第3期、第4期は医学の発達した現在では見られなくなっています。

 

ペニシリンという特効薬が開発されていますので、

第1期で2~4週間、第2期では4~8週間、第3期以降は8~12週間

内服することで完治しますよ。

そして完治したかどうか、定期的に検診で確かめることも必要となります。

 

 

潜伏期間が長く、自覚症状がなかったり、症状が出たり消失したりを繰り返すという

特徴もあり、感染を拡げてしまう可能性があるやっかいな病気でもあります。

 

 

また、梅毒に感染しているとHIVにも感染しやすくなりますし、

HIV感染者は高確率で梅毒を合併します。

 

梅毒はHIVとの重複感染がもっとも多い性感染症ですので、

HIV検査もあわせて受けることをお勧めします。

 

 

早期に見つかれば抗生物質の投与で完治出来ますので、

気になる皮膚疾患がある場合には、すぐに検査を受けて下さい。

早期発見、早期治療が大切です。

 

もちろん、感染の疑いのある時は、セックスやキス、ペッティングも駄目ですよ!



 

メルマガを友達に教える

梅毒How to sex 女性カウンセラーが答えるセックス悩み相談解決 ハウ・トゥ・セックス

HOME -> セックスに関する病気 -> 梅毒

※豊富な経験があるセックスカウンセラーがお答えしますので、
自分で悩まずに、一度ご質問やご相談をしてみて下さい。

How to sex 女性カウンセラーが答えるセックス悩み相談解決 ハウ・トゥ・セックス、セックスカウンセラーにエッチな質問、相談をする