バルトリン腺炎

バルトリン腺とは、膣の入り口近くにある粘液を分泌する腺で左右一対ずつあります。

 

このバルトリン腺が細菌に感染して炎症を起こすのが「バルトリン腺炎」、

バルトリン腺炎を繰り返したり、分娩時の傷などでバルトリン腺の開口部が塞がって、

分泌液がたまって腫れてくる(のう腫が出来る)のが「バルトリン腺のう腫」、

のう腫の内溶液が膿となっていることを「バルトリン腺膿瘍(のうよう)」と言います。

 

セックスの時の潤滑油のはたらきをする分泌液を出す器官ですね。

主な細菌は大腸菌、ブドウ球菌、連鎖球菌で、

極まれに淋菌に感染して発症してしまうケースもあるようです。

汚い手で外陰部をさわったり、不潔なセックスも原因になりますよ!

 

症状としては、左右どちらかのバルトリン腺が赤く腫れあがり、強く痛みます。

さらに炎症が進行して「膿瘍」になると、腫れはもっと大きくなって

腫れた部分が熱をもった感じになり、激しい痛みも増していきます。

 

また、「のう腫」は分泌物がたまっているだけなので、

小さいものは自然治癒することもあります。

しかし、大きくなってしまうと歩くときや座るときに異物感を感じたり、

セックスの際に不都合が生じます。

そこまで大きくなった場合は切開手術が必要になります。

 

治療は、腺炎の状態(早期で軽い症状)であれば、抗生剤と消炎剤を服用し、

痛みが強い場合は鎮痛剤を使用します。

膿瘍になってしまうと、注射や切開することで患部にたまった膿を注出するのですが、

再発する危険があるため、抗生剤の服用で原因菌を死滅させることが重要です。

再発をくり返すときは、分泌物がたまらないように出口をつける開窓術だったり、

バルトリン腺を摘出してしまう手術をするなど、根本的な治療を考えます。

 

 

日常生活では、外陰部を清潔に保つことを心がけて、

腫れなどの症状に気付いたときには、早めに受診するようにしましょうね!



 

メルマガを友達に教える

バルトリン腺炎How to sex 女性カウンセラーが答えるセックス悩み相談解決 ハウ・トゥ・セックス

HOME -> セックスに関する病気 -> バルトリン腺炎

※豊富な経験があるセックスカウンセラーがお答えしますので、
自分で悩まずに、一度ご質問やご相談をしてみて下さい。

How to sex 女性カウンセラーが答えるセックス悩み相談解決 ハウ・トゥ・セックス、セックスカウンセラーにエッチな質問、相談をする