子宮膣部びらん

若い女性の不正出血の原因の1つとして頻度の高い疾患で、子宮膣部にただれ(びらん)の様なものができる(赤くただれているように見える)状態のことです。

子宮腟部が本当にただれているわけではありません。


子宮腟部びらんが起きる原因にはエストロゲン(卵胞ホルモン)が深く関わっていて、

病気ではなく一種の生理的変化です。

 

月経のある女性の約8割前後には子宮腟部びらんがあるといわれています。

更年期以降にホルモンの分泌が減る閉経後には、びらんはなくなります。

 

ほとんどの場合は無症状で過ごしています。

しかしびらんの部分は細菌や外部からの刺激に対して抵抗力が弱く、

炎症のためにおりものが増えたりします。

また、タンポンの使用時や、セックスの際にペニスが子宮膣部に当たると

出血したり、血が混じった赤いおりものが出るなどがあります。

 

子宮膣部びらんと診断されても、特に症状がなければ治療の必要はありません。

 

では何が問題かと言うと、子宮膣部は子宮頚ガンのよくできる場所なのですね。

 

子宮膣部びらんは子宮頸がんの初期と見分けがつかないこともあるので、

びらんが発見された場合は必ずがん検診も行います。

 

 

症状が無い場合は治療の必要はないのですが、

おりものが多くて気になったり、不正性器出血を何回も繰り返すなどの場合は、

凍結療法、電気凝固、レーザー療法などの治療を行います。

 

 

症状が気にならない場合は、特に病気として重く考えることはありませんよ。

セックスを控える必要もありません。

 

予防として考えられる方法は、低用量ピルを服用することですが

(エストロゲンが低下してびらんの程度が軽くなります)

重要なのは、体の変化に敏感になることです。

 

 

年に1回は子宮がんの検査を受けるように心がけましょう。



 

メルマガを友達に教える

子宮膣部びらんHow to sex 女性カウンセラーが答えるセックス悩み相談解決 ハウ・トゥ・セックス

HOME -> セックスに関する病気 -> 子宮膣部びらん

※豊富な経験があるセックスカウンセラーがお答えしますので、
自分で悩まずに、一度ご質問やご相談をしてみて下さい。

How to sex 女性カウンセラーが答えるセックス悩み相談解決 ハウ・トゥ・セックス、セックスカウンセラーにエッチな質問、相談をする