膣カンジダ症

カンジダ属と呼ばれる真菌(カビの一種)が膣や外陰部に感染することで

炎症を起こして、おりものやかゆみが出る病気です。

 

セックスでも感染しますが、

この真菌は健康な人でも皮膚や口、性器に存在しているので、

体の抵抗力が落ちたときや、妊娠、抗生物質の長期服用などがきっかけとなって

増殖して、炎症を起こしてしまいます。

抗生物質は細菌を殺す力もあるのですが、

抗生物質にも適応するカンジタ菌は増えてしまうと言われています。

 

 

症状としては、白くてポロポロした豆腐のようなおりものが増えて

膣の入り口や外陰部に我慢できないくらいのかなり強い痒みが生じます。

 

 

カンジダの場合は全身性疾患に広がることは、まずありません。

しかし、この病気は再発しやすいため、治療に時間がかかる場合もありますが

完全にカンジダがいなくなるまで根気よく治療することが大切です。

 

治療法としては、まず膣内を洗浄して綺麗にします。

その後抗真菌剤を膣の奥に直接挿入します。

毎日続けて10日~2週間、治療します。

また、1週に1回まとめて治療する方法もあります。

外陰部に炎症がある場合は1日数回軟膏などを塗る治療を併用します。

 

 

なお、症状が出ている時のセックスは、症状を悪化させることはもちろん

パートナーへの感染も考えられますので、避けてください。

 

 

カビは高温多湿の環境を好みます。

風邪、疲労、ストレスなどによる免疫力の低下を防ぐため

健康的な生活を心がけて、

下着はデザインよりも通気性を優先して選んで、

蒸れないようにすることが大切です。



 

メルマガを友達に教える

膣カンジダ症How to sex 女性カウンセラーが答えるセックス悩み相談解決 ハウ・トゥ・セックス

HOME -> セックスに関する病気 -> 膣カンジダ症

※豊富な経験があるセックスカウンセラーがお答えしますので、
自分で悩まずに、一度ご質問やご相談をしてみて下さい。

How to sex 女性カウンセラーが答えるセックス悩み相談解決 ハウ・トゥ・セックス、セックスカウンセラーにエッチな質問、相談をする