性器クラミジア感染症

性感染症のなかで男女とも最も感染度が高いとされている病気です。

非淋菌性尿道炎という、淋病と症状が同じなのに検査で淋病が見つからないものの

多くが、このクラミジアによるものだったりします。

 

感染はセックスによるもので、口または舌を使ったオーラルセックス(フェラチオ、

クニリングス)により口腔や咽頭にも感染しますよ。

 

主な病原体は、目の伝染病であるトラコーマの病原体の仲間で、

クラミジア・トラコーマティスです。

 

 

潜伏期間が1~3週間あり、

 

男性の場合は尿道の痛み、排尿痛があり、尿が混濁してきます。

 

女性の場合は自覚症状が乏しく、感染に気づかない人も多いのですが

症状としては、

おりものが増えたり、血が混ざったり(不正出血)します。

また、膣粘膜に炎症が起こるので、性交痛があったりもします。

 

しかし感染が卵管、卵巣に広がると

子宮内膜炎、卵管炎、卵巣炎子宮周囲炎、骨盤腹膜炎を併発します。

妊娠中にかかると胎児に垂直感染することもありますし、

不妊症や子宮外妊娠、流産、早産の原因なります

 

 

ワクチンはありませんので、治療は抗生物質の内服になります。

点滴まで必要になるケースは重症化しない限りありません。

 

 

予防は、やはりコンドームの着用の徹底です。

しかし、あくまで感染率を下げるというものであることを念頭に置いて下さい。

そして

当然ですが、不特定多数の異性とのセックスは非常に危険です!

 

この病気が非常に広く感染が広がっているわけですから、

よく知らない相手とセックスする場合、

その相手が保菌者である可能性はとても高いと考えるべきです。

 

危険な性交渉があれば何度でも感染します!

 

セックスの相手が変わるたびに、そのパートナーと一緒に検査を受ける事が

感染予防や早期発見になります。

 

病院に行く以外にも、自分で出来る検査キットもありますよ。

 

 

感染していても気付かない人が多いですが、女性にとってはとても怖い病気です。

 

いつもとは違うオリモノなどの症状があった時には、

きちんと検査するようにしてくださいね。



 

メルマガを友達に教える

性器クラミジア感染症How to sex 女性カウンセラーが答えるセックス悩み相談解決 ハウ・トゥ・セックス

HOME -> セックスに関する病気 -> 性器クラミジア感染症

※豊富な経験があるセックスカウンセラーがお答えしますので、
自分で悩まずに、一度ご質問やご相談をしてみて下さい。

How to sex 女性カウンセラーが答えるセックス悩み相談解決 ハウ・トゥ・セックス、セックスカウンセラーにエッチな質問、相談をする