いんきんたむし

正式名称は股部白癬(こぶはくせん)。

 

原因となるのは、白癬菌(はくせんきん)というカビの一種で

正体は水虫とまったく同じものです。

感染する場所によって呼び方が異なるだけですね。

 

いんきんの俗称から男性の皮膚病と思われがちですが、

皮膚病ですから、当然女性にも感染する病気ということです!

 

白癬菌は、繁殖力が非常に強い厄介な菌です。

菌が原因なわけですから、それは洋式トイレだったり、

高温多湿を好むので、温水プール・公衆浴場など白癬菌が居れば、どこからでも感染する可能性があります。

 

症状は、股やお尻など、湿って蒸れやすく、擦れやすいところに出やすいですね。

最初は片側の股部(またの内側)に赤くぽつぽつしていたモノが一面のブツブツとなり、

堤防状に盛り上がって、だんだんと環状に広がっていきます。

 

足に出来る水虫と違い、陰部は角質が薄くて奥へ進入できない分、

横に広がろうとします。

患部が温まった時の痒みは我慢出来ないくらいに強いものですが、

引っかいてしまうと、出てきたうみとともに白癬菌を周囲にも

ばらまいてしまいます。

 

すぐに病院に行って薬を処方してもらって下さいね。

 

でも・・・白癬菌は感染力も強く、再発しやすいそうです。

患部は常に清潔に保つように、努力を怠ってはいけません。

 

女性にいんきんたむし患者が増えたのには、ストッキングやスリムなデニムパンツ、

レギンスのような蒸れやすいファッションが原因と言われています。

 

いんきんたむしにならないためには、

薬用石鹸でのしっかり入念な手洗いが重要になります。

手や足裏で拾った菌が、股間に付くという可能性もあるわけですからね!

 

ちなみに、水虫菌の付着した手で頭に感染させると「しらくも」

股間に感染させてしまうと「いんきん」

爪に入り込めば「つめはくせん(爪水虫)」

体の部分では「ぜにたむし」となります。

 

感染の部分を広げない為にも、患部を清潔に保つことですが、

自己感染や二次感染を防止する為にも、

そして予防のためにも、日々の手洗いはしっかり行うようにしましょうね。

 

注意事項がひとつ。

痒いとアレルギー湿疹かも?と自己判断することは危険です。

アレルギーにはステロイド剤が効果が高いのですが、

白癬菌にとってステロイドは大好物です。

いんきんたむしは悪化してしまうので、注意が必要です。

 

自己判断せずに皮膚科医にかかることをおススメします。



 

メルマガを友達に教える

いんきんたむしHow to sex 女性カウンセラーが答えるセックス悩み相談解決 ハウ・トゥ・セックス

HOME -> セックスに関する病気 -> いんきんたむし

※豊富な経験があるセックスカウンセラーがお答えしますので、
自分で悩まずに、一度ご質問やご相談をしてみて下さい。

How to sex 女性カウンセラーが答えるセックス悩み相談解決 ハウ・トゥ・セックス、セックスカウンセラーにエッチな質問、相談をする