萎縮性膣炎

閉経後の女性に多くみられることから「老人性膣炎(ろうじんせいちつえん)」と

呼ばれることもあります。

 

女性ホルモン(エストラジオール)が減少して、

膣粘膜が薄くなって萎縮することが原因で炎症を起こす病気です。

年齢を重ねると、どうしても卵巣機能が低下して

女性ホルモンの分泌が無くなってきてしまいます。

膣内の粘膜はもともとは比較的強いとされていますが、

卵巣から出る卵胞ホルモンが閉経後に低下すると、

それとともに自浄作用も低下してしまうため

この病気を発症する可能性が大きくなります。

 

高齢の方や、卵巣を摘出された方、閉経を早く迎えてしまった方に
多い病気とされています。

 

症状としては、外陰部がただれたり、

おりものが黄色っぽくなって増加する、血が混じる、悪臭を伴うなど。

性行為の際に痛みを伴ったり出血する、かゆくなるなどの症状が

現れることもあります。

 

卵巣機能が低下して、ホルモンの分泌が減ることにより、

他の粘膜も萎縮=乾燥して、ドライマウス・ドライアイなどの症状も出てきます。

 

治療は、女性ホルモン補充される形でおこなわれるようです。

内服や膣剤を使い、もし膣炎が細菌感染を起こしている場合は

抗生物質の膣座薬が処方されます。

 

再発防止には女性ホルモンを補充する治療が効果的だそうです。

 

婦人科でご相談してみてくださいね。



 

メルマガを友達に教える

萎縮性膣炎How to sex 女性カウンセラーが答えるセックス悩み相談解決 ハウ・トゥ・セックス

HOME -> セックスに関する病気 -> 萎縮性膣炎

※豊富な経験があるセックスカウンセラーがお答えしますので、
自分で悩まずに、一度ご質問やご相談をしてみて下さい。

How to sex 女性カウンセラーが答えるセックス悩み相談解決 ハウ・トゥ・セックス、セックスカウンセラーにエッチな質問、相談をする