子宮内膜症

子宮の内側は粘膜で覆われていて、

これと同じような組織が子宮以外の場所に発生してしまう病気です。

この子宮の内壁を覆っている粘膜組織を子宮内膜といって、

受精卵が着床して発育する場所です。

妊娠に備えて、増殖して厚くなった子宮内膜は、妊娠しないと剥がれて排出されます。

剥がれるとき、毛細血管が破れるため、出血を伴います。

これが生理(月経)ですね。

 

子宮内膜症は、この子宮内膜と同様の粘膜組織が、子宮の内側以外の場所にできてしまうわけです。

子宮以外の場所で発生したとしても、月経周期に合わせて増殖してしまって

そうなると当然、生理の時期になれば通常の生理と同じように剥がれ出血してします。

ここで問題が発生しますよね。

子宮外で出血が起きるために、身体の外に排出される出口が無いので、

発生した場所近辺に蓄積されることにより血の塊が出来ていきます。

それが進むと、内膜症の組織を中心に炎症を繰り返して、癒着するようになります。

臓器の癒着があると、卵管の動きが悪くなってしまって受精が行われずに、

不妊の原因になります。

子宮内膜症は不妊の原因としても有名ですよね。

 

主な症状としては、激しい生理痛や生理時以外での下腹部痛・不正出血であったり

吐き気・嘔吐・下痢・頻尿・頭痛・便秘・腰痛・微熱などなど、

癒着の程度によって、さまざまな症状がおこります。

また、過多月経といって、月経時の出血が増えたり、出血期間が長引いたりします。

さらに、セックスの際に痛む場合もあります(性交痛)。

 

子宮内膜症は完治することが難しくて再発しやすいため、

ひとりひとりの状況にあった治療が必要になります。

 

漢方薬やピル等で症状を和らげる薬物治療から、症状が酷い場合は手術療法になります。

 

月経がある間は基本的に進行してしまう病気なので、例え症状が強くなくても

内膜症と診断された時点で、すぐに治療を始めるようにしましょう。

 

婦人科は決して恥ずかしいところでも怖いところでもありません。

 

つらい症状を我慢せずに早めに受診して、適切な治療をうけましょう。



 

メルマガを友達に教える

子宮内膜症How to sex 女性カウンセラーが答えるセックス悩み相談解決 ハウ・トゥ・セックス

HOME -> セックスに関する病気 -> 子宮内膜症

※豊富な経験があるセックスカウンセラーがお答えしますので、
自分で悩まずに、一度ご質問やご相談をしてみて下さい。

How to sex 女性カウンセラーが答えるセックス悩み相談解決 ハウ・トゥ・セックス、セックスカウンセラーにエッチな質問、相談をする