骨盤腹膜炎

骨盤内には前に膀胱、後ろに直腸、その間に子宮・卵管があって、

それらの表面は腹膜で覆われています。

この骨盤内の臓器を覆っている骨盤腹膜に炎症が起こる病気です。

 

セックス・分娩・流産・人工中絶時などに、病原菌が膣から入りこんで

子宮頸管を経由し、子宮内膜、卵管を経て、骨盤腹膜まで広がると

この骨盤腹膜炎になります。

 

感染を引き起こす病原菌である、クラミジア、ブドウ球菌、大腸菌、淋菌などの

細菌感染が原因となります。

 

虫垂炎で虫垂に穴が開いた時や、開腹手術後の感染によっても起こる場合がありますし

子宮内避妊器具(IUD)を交換せずに長期間装着していると、性感染症が悪化して

骨盤腹膜炎を起こしやすくなったりします。

 

大半は卵巣や卵管の炎症が広がることで起こるため、

特に分娩後は卵巣炎や卵管炎になりやすいので注意が必要です。

 

 

症状も他の炎症より酷く、急性期には40度近い高熱に、激しい下腹部痛があり

寒気、震え、吐き気、下痢、便秘などをともないます。。

また、下腹部を触ると、腹壁の筋肉が緊張して固くなっているのが分かります。

悪化してしまうと、卵管や卵巣、子宮と腸管などが癒着して、

その隙間に腹膜炎による滲出液や膿汁がたまって

膿瘍(のうよう)ができることもあります。

 

急性期の場合は入院が必要で、その間は安静を保ち、

原因菌に合った抗生剤療法を行います。

膿瘍や卵管留膿腫(らんかんりゅうのうしゅ)を合併していて薬で治らない場合は、

膿瘍を切開する手術が行われます。

 

 

慢性化してしまうと、子宮、卵管、卵巣だけでなく

周囲の組織が癒着して卵管が狭くなったりします。

 

この卵管閉塞や癒着などが起きることで不妊症や子宮外妊娠などの原因になるケースが

多く確認されています。

 

 

近年では、クラミジアや淋病が原因菌となる感染が増えています。 

 

予防するには、不潔なセックスをしないことが一番ですよ!

もし卵管炎や子宮内膜炎を発症してしまったら、早めに医師の診断を受けて

抗生物質による適切な治療を受けることが大切です。



 

メルマガを友達に教える

骨盤腹膜炎How to sex 女性カウンセラーが答えるセックス悩み相談解決 ハウ・トゥ・セックス

HOME -> セックスに関する病気 -> 骨盤腹膜炎

※豊富な経験があるセックスカウンセラーがお答えしますので、
自分で悩まずに、一度ご質問やご相談をしてみて下さい。

How to sex 女性カウンセラーが答えるセックス悩み相談解決 ハウ・トゥ・セックス、セックスカウンセラーにエッチな質問、相談をする