PMS(月経前症候群)

月経が始まる前の約2週間くらいから起こる、身体や心の色々な不調のことで、

そういった症状が日常生活に支障をきたすような状態をいいます。

 

排卵から月経開始までの時期にあらわれて、

月経が始まると自然に消えたり、軽くなるのが特徴です。

 

10代~20代でも起こりますが、ホルモンバランスが微妙に変化してくる30代前半から

多くなってきます。

 

 

症状は、精神的なものから身体的なものまでさまざまです。 

 

身体的な症状としては、

下腹部の張り・痛み、腰痛、乳房の張り・痛み、頭痛、肩こり、

のぼせ、手足のむくみ、下痢、便秘、吐き気、吹き出ものの増加などなど。

精神的な症状としては、

気分が落ち込んだり、集中力がなくなる、憂うつになる、不安が高まる、

無気力になる、1人でいたくなるイライラする、落ち着きがなくなる、興奮しやすくなる、

眠くなる、理由もなく哀しくなる、家に閉じこもり気味になるなどです。

 

 

まだ初潮を迎えていなかったり、閉経後の方、ピルの服用で月経が止まっている方、

無排卵周期の女性、両側の卵巣摘出手術を受けた方にはPMSの症状が現れません。

はっきりと原因は解明されていませんが、ストレスや緊張、疲労が蓄積されると、

症状が強くあらわれやすくなるようです。

 

 

基礎体温を付けることで、PMSの時期を把握できるようになりますよ。

月経周期に合わせて食生活などの生活習慣を工夫したり、軽い運動をしたりして、

日頃からストレスをためない生活を心がけて、

とくに月経前はリラックスして、無理をせず、ゆっくり休養することも大事ですよ。

また、PMSの人は、ビタミン・ミネラルの微量栄養素の欠乏状態だと言われています。

バランスの悪い食事や、喫煙、過度の飲酒や塩分・砂糖の摂りすぎも、

症状を重くさせる原因になりますので、注意が必要です。

 

気分をコントロールしにくくなるのがPMSですから、自分の月経周期を把握して

心身に負担をかけずに生活できるようスケジュール調整すると良いですよ。

PMSは、少なからず周囲(家族・職場など)にも影響を与えてしまいます。

 

それでも症状が重かったり、日常生活に支障をきたす場合は、

婦人科に相談しに行ってみましょう。

改善しないPMSの症状には、卵巣の病気やホルモン異常など

ほかの病気が隠れていることもあるのです。

ピルや漢方、サプリメントなど、様々な治療法がありますので、

「こんなことで・・・」と思わずに、思い切って婦人科に相談しましょう。

低用量ピルでホルモンのバランスを安定させたら、

症状が軽くなったり消えてしまうということが少なくないようですよ♪

 

きっと自分に合った治療法を見つけられるはずです。

無理して我慢しないで下さいね。

 

 

まずは、自分の症状にあったセルフケアを見つけて続けることから始めてみましょう。



 

メルマガを友達に教える

PMS(月経前症候群)How to sex 女性カウンセラーが答えるセックス悩み相談解決 ハウ・トゥ・セックス

HOME -> セックスに関する病気 -> PMS(月経前症候群)

※豊富な経験があるセックスカウンセラーがお答えしますので、
自分で悩まずに、一度ご質問やご相談をしてみて下さい。

How to sex 女性カウンセラーが答えるセックス悩み相談解決 ハウ・トゥ・セックス、セックスカウンセラーにエッチな質問、相談をする