細菌性膣炎

細菌性膣炎(非特異性膣炎)の症状は、

おりものに色がついたり(白色、灰色、黄色みを帯びた色の濁ったおりもの)

量が増えたり、悪臭や生臭い魚のような匂いがすることもあります。

炎症がひどくなると、出血したり、尿をする時に違和感やしみる感じがあり、

膣や外陰部に熱を持ったり、下腹部が痛くなったりします。

 

しかし多くは無症状で無自覚のまま感染しているケースも多いようですよ。

 

この病気は、クラミジア・淋菌・トリコモナス・カンジダなどの特別の菌が原因では

なく、普段体内にいる菌が膣内で過剰に繁殖して、炎症を起こす病気です。

 

膣にはもともと常在菌として色んな細菌が住みついているので、

月経時や病気をした時など、免疫力が低下すると、悪玉雑菌が増えて

膣炎を発症することがあるためです。

 

膣内の洗いすぎも良くありません。

日常的に中の方までしっかり洗って分泌物を完全に洗い流してしまうと、

そこに常在していた良い菌(乳酸菌等)もいなくなってしまい

膣の中のPH(ペーハー)バランスが崩れ、細菌が繁殖しやすくなります。

 

また、セックスパートナーの多い人がかかりやすいとの報告もあります。

性的に活発な女性に多くみられ、クラミジアや淋病などの性病に伴う頻度が高いので、

性病との関係が示唆されています。

 

罹っているすべての女性が 自覚症状を訴えるわけではないので、

気付かないまま病気を持ち続けてしまっている可能性もあります。

 

妊娠されている方は特に注意が必要で、この細菌性膣症にかかっていると

流産や早産の危険性が高まります。

細菌性膣炎のある妊婦さんでは、24~37週に早産する率が2.8倍。

特に妊娠16週以内では早産する率が5.5倍とも言われています。

 

 

症状を自覚する場合や、妊娠が分かった人はすぐに検査を受けましょう!!!

もし万が一感染していても、

妊娠14週までに治療を行えば早産になることはほとんど無いそうです。

 

 

ホルモンバランスが崩れたり、免疫力が落ちないように、

規則正しい生活をすることが大切です。

ストレスや疲労はため過ぎないように注意しましょうね。



 

メルマガを友達に教える

細菌性膣炎How to sex 女性カウンセラーが答えるセックス悩み相談解決 ハウ・トゥ・セックス

HOME -> セックスに関する病気 -> 細菌性膣炎

※豊富な経験があるセックスカウンセラーがお答えしますので、
自分で悩まずに、一度ご質問やご相談をしてみて下さい。

How to sex 女性カウンセラーが答えるセックス悩み相談解決 ハウ・トゥ・セックス、セックスカウンセラーにエッチな質問、相談をする