子宮頸管ポリープ

子宮頸管(子宮と膣を結ぶところ)に出来るイボのような良性の腫瘍のことです。

ちなみにポリープとは粘膜から発育したイボの総称です。

子宮頸管ポリープの症状は、痛みはそれほどありませんが簡単に出血します。

主に頸管の炎症が原因してできるので、ポリープが大きくなると

内診やセックス時に刺激されて出血したり、普段でも少量の不正出血をしたりします。

おりものに血が混じったり、おりものが多くなるのも特徴です。

 

婦人科を受診すれば診断は難しくありませんので、極端に大きくなければ

外来の簡単な手術で摘出することも可能ですよ。

ですが、子宮頸管ポリープは切除したとしても再発の可能性が高いです。

原因である炎症が完治していなかったり、

切除時に根が残ってしまうことがあるからです。

その場合には、定期的に検診を受ける必要があります。

 

妊娠や出産には全く影響はありません。

(大きかったり、出血が多い場合は妊娠中でも切除することが出来ます。

もちろん、医師の判断で放置する場合もあります。)

 

子宮頸管ポリープの場合はそのほとんど(約99%)が良性ですから、

必要以上に不安になることはありませんよ♪

 

定期的に子宮がん検診を受けることで早期に発見できます。

小さいうちにみつかるとその場の簡単な手術での切除が可能ですし、

また、他の病気の可能性もありますから、

出血があったときは、安易に自己判断せずに、早めに受診しましょうね。



 

メルマガを友達に教える

子宮頸管ポリープHow to sex 女性カウンセラーが答えるセックス悩み相談解決 ハウ・トゥ・セックス

HOME -> セックスに関する病気 -> 子宮頸管ポリープ

※豊富な経験があるセックスカウンセラーがお答えしますので、
自分で悩まずに、一度ご質問やご相談をしてみて下さい。

How to sex 女性カウンセラーが答えるセックス悩み相談解決 ハウ・トゥ・セックス、セックスカウンセラーにエッチな質問、相談をする