子宮頸がん

セックスの経験のない子宮頸ガン患者はいないと言われていますが、

性行為で感染する可能性が一番高い・発病しやすいだけであり、

まだ性行為をしていなくとも感染する可能性は十分ありうるものです。

 

まだはっきりと解明されていませんが、

子宮頸がんの多くはヒトパピローマウイルス(HPV)が原因と考えられています。

※これについてはヒトパピローマウイルス(HPV)の項目をご覧になって下さい。

 

複数の男性とのセックス経験がある人や、性経験が早かった人は

発症するリスクが高いといわれています。

また、妊娠・分娩回数が多い人、中絶や流産の経験がある人も同様です。

 

 

初期段階の子宮頸部ガンでは、ほとんど自覚症状がありません。

初めに異変に気づくのは、セックスの時の出血、生理(月経)不順、

不正出血(月経の時以外の出血)、茶色や褐色のおりものが出る、などです。

さらに進行すると、不正出血に加え、腰痛、背部痛が出現するようになったりします。

 

閉経した人ならば不正な出血に気付きやすいですが、生理がある人だと

生理だと勘違いしたり、生理不順だと思ってしまって

そのまま放置してしまうこともあるかもしれません。

 

子宮がんは早期発見なら100%治癒するがんなので、

ちょっとした体の変化を見逃さないこと、定期的に検査を受けることがとても大切です。

 

 

もし子宮頸がんと診断されたとしても、ごくごく早期に発見されれば

手術後の妊娠も出産も可能です。

それに、早期であればある程、体に負担の少ない手術や治療法を選択できますよ。

 

もちろん、これを放置すれば、子宮をすべて摘出する手術が必要になることもあります。

また、がんが進行して広がれば、子宮だけではなく、そのまわりの卵巣やリンパ節など

まわりの臓器もいっしょに摘出しなければならなくなります。

 

当然、最悪の場合には命を失う危険だってあります!

 

 

自分で分かるような症状が表れる頃には、

がんがかなり進行している可能性だってあるのです。

 

現在、日本でも予防ワクチンに助成金が出る地域も出てきています。

住んでいる地域の自治体から、集団検診のお知らせが来たら

そこは迷わず、面倒がらずに申し込んでみてくださいね♪



 

メルマガを友達に教える

子宮頸がんHow to sex 女性カウンセラーが答えるセックス悩み相談解決 ハウ・トゥ・セックス

HOME -> セックスに関する病気 -> 子宮頸がん

※豊富な経験があるセックスカウンセラーがお答えしますので、
自分で悩まずに、一度ご質問やご相談をしてみて下さい。

How to sex 女性カウンセラーが答えるセックス悩み相談解決 ハウ・トゥ・セックス、セックスカウンセラーにエッチな質問、相談をする