膣炎

膣炎は膣の粘膜に炎症をおこす病気です。

婦人科の外来診療の中では、非常に多い病気です。

体の抵抗力が落ちていたり、セックスによる相手からの病原菌の感染で

炎症が発生したりして、膣の中が健康ではない場合に発症します。

 

 

陰部は不衛生になりやすい場所ではありますが、

雑菌を恐れて入浴時に膣の中まで洗ったり、

ビデなどを使いすぎると余計に炎症が起こりやすくなります。

実は膣内の粘膜は、尿やおりもので不衛生にならないよう、

かなり強い酸性に保たれています。

そのため、膣というのは細菌や微生物の繁殖を防ぐ能力を持っていますが

石鹸で洗ってしまうことで、その「自浄能力」が働かなくなってしまうのです。

 

 

 症状としては、膣の組織が赤く腫れて、ひりひりするような感覚などがあります。

おりものに特徴が出やすく、量が増えたり色がつく・魚のような異臭がしたり

痒み・ひりひりとやけるような感じがあったりします。

おりものは、生理前や排卵時期、妊娠中などに量が増えたりしますが、

それ以外で上記のような異常がある場合は

膣に何らかの炎症が起きていると考えていいでしょう。

 

 

 睡眠不足、ダイエット、ストレス、疾病などによって感染に対する抵抗力が弱まると、

膣内に感染が起き、また炎症が起こってしまいます。

性交渉により感染するものもありますし、

生理期間中全てにタンポンを使用すると細菌を増やす環境を作ってしまうため

気をつけなければなりません。

 

 外陰部はデリケートゾーン用の低刺激な石鹸などで優しく洗うことで清潔に保ち

なるべく乾燥した状態にしておきましょう。

膣の中まで神経質に洗うことは、膣炎を発症させやすくなるのでやめましょう。

 

膣炎の治療の処置はどれも似ていますが、原因菌の種類ごとに

使われている薬が違います。

病原菌が原因の場合は病院での治療が第一です。

症状が出たら、すぐに婦人科を受診し、適切な処置をしてもらいましょう。

病気が初期であるほど、治療の効果は顕著に現れるはずです!

 

 

さて、病原菌による膣炎には、萎縮性膣炎細菌性膣炎(非特異性膣炎)・膣カンジダ症

膣トリコモナス症などがあります。

詳しくは各項目をご覧下さい。



 

メルマガを友達に教える

膣炎How to sex 女性カウンセラーが答えるセックス悩み相談解決 ハウ・トゥ・セックス

HOME -> セックスに関する病気 -> 膣炎

※豊富な経験があるセックスカウンセラーがお答えしますので、
自分で悩まずに、一度ご質問やご相談をしてみて下さい。

How to sex 女性カウンセラーが答えるセックス悩み相談解決 ハウ・トゥ・セックス、セックスカウンセラーにエッチな質問、相談をする