膣トリコモナス症

トリコモナス原虫という寄生虫が原因で、

その原虫が膣に感染して炎症を起こした状態をいいます。

ゾウリムシ、ミドリムシなどと同じ原虫の仲間で、

細菌やウイルスではありません。

原虫ですので、トリコモナスは宿主から離れても、

水分があるところならば暫く生きていられます。

 

そのためセックス以外での感染経路(下着・タオル・トイレ・浴槽など)もあります。

 

感染した場合の女性の症状としては、

大量の帯下(おりもの)とかゆみが現れます。

泡状で黄緑系の臭いのキツイおりもので、

その刺激によって外陰部や膣に強い痒みを伴って、

外陰部のただれ、膣壁の出血などもあらわれます。

さらに膣だけでなく、子宮頚管、膀胱、尿道へも感染します。

 

 

当然、セックスでも簡単に感染しますので、コンドームの使用は徹底して下さい。

 

 

男性が感染した場合は自覚症状があまり無いために、

女性だけの治療ではピンポン感染を起こしてしまいます。

必ずパートナーとの男性女性同時治療が原則です。

 

 

治療は、抗原虫剤フラジールを2週間程服用し、

膣の炎症を抑えるには膣錠を併用したりします。

※内服している治療中のアルコールは厳禁ですよ!(副作用が出ちゃいます)

 

 

また、感染に気付かない無症状の感染者も多いのが現状です。

もし治療せずに放置しておくと、慢性化してしまったり

炎症は卵管まで進んで、不妊症、早産、流産になる可能性もあります。

 

 

この病気は、症状が治まっても、原虫が完全に検出されなくなるまで

治療を行うことが必要となります。

 

自分だけでなく、パートナーのためにも、

早期に発見して早期に治療を始めることが重要になりますね。

 

 

以前と比べておりものの臭いがおかしい、と感じたときは

感染症にかかっている可能性がありますよ。

 

 

おりものに異常が無いかどうか、常に気をつけてみましょうね。



 

メルマガを友達に教える

膣トリコモナス症How to sex 女性カウンセラーが答えるセックス悩み相談解決 ハウ・トゥ・セックス

HOME -> セックスに関する病気 -> 膣トリコモナス症

※豊富な経験があるセックスカウンセラーがお答えしますので、
自分で悩まずに、一度ご質問やご相談をしてみて下さい。

How to sex 女性カウンセラーが答えるセックス悩み相談解決 ハウ・トゥ・セックス、セックスカウンセラーにエッチな質問、相談をする