セックスと哲学

 

セックスと哲学.jpg

 

 

 

『カンダハール』の鬼才モフセン・マフマルバフ監督が

鮮烈な映像で現代に問いかける“愛の意味”

 

 

---------------------------------

 

40歳の誕生日を迎えた詩人のジョーンは、

40本のろうそくをともした車から4人の恋人達に電話をし、

4人を自身が先生をするダンス教室に集める。

他の3人と顔を合わせ全てを悟った女たちは、各々の愛を回想していく。

彼らはどのように出会い、心を通わせたのか?

どうして愛は終わってしまったのか?

なぜ愛は永遠ではないのか?

すべての愛が終わった今、彼の中にはいったい何が残されたのか…?

 

---------------------------------

 

ダンス学校の講師ジョーンは40歳の誕生日、

午後2時に4人の恋人を、自分の教室へ呼び寄せます。

 

スチュワーデスのマリアム、

路上で出会ったファルザナ、

女医のタフミナ、

そして一番最後に付き合ったマラワット。

 

レッスンは4時からなのでスタジオには誰も居ません。

やって来た彼女たちは、自分だけがジョーンの恋人ではなく、

それぞれが4人のうちの1人であることに気付かされることになります。

 

ジョーンはある目的で4人を集めたのでした。

 

「これは探究の旅であって、4人それぞれに愛を見つけた。

でもその旅をやめようと思う。

40の誕生日を期に自己改革をしようと思う。」

 

4時になり、レッスンが開始されて他の生徒がダンスを踊る中で、

出会った順に4人それぞれ一人一人との過去の回想と

別れの会話を始めるのですが…。

 

「永遠の愛など存在しない」と語る主人公と、4人の恋人たちの対話を通じ

「愛とは何か?」という根源的な問いに真正面から向き合っていく作品です。

 

【監督】

モフセン・マフマルバフ

【キャスト】

ダレル・ナザーロフ/マリアム・ガイボヴァ/ファルザナ・ベクナザーロフ/

タフミネ・エブラヒモーヴァ/マロハト・アブドゥロエヴァ



 

メルマガを友達に教える

セックスと哲学How to sex 女性カウンセラーが答えるセックス悩み相談解決 ハウ・トゥ・セックス

HOME -> タイトルにセックスがつく映画レビュー -> セックスと哲学

※豊富な経験があるセックスカウンセラーがお答えしますので、
自分で悩まずに、一度ご質問やご相談をしてみて下さい。

How to sex 女性カウンセラーが答えるセックス悩み相談解決 ハウ・トゥ・セックス、セックスカウンセラーにエッチな質問、相談をする