ネットの中だけ独身の私が出会った人と

私はバツ1で、最近二度目の結婚をしました。

この今の旦那様は、私が不倫を続けていた相手でもあります。

元旦那とは中学からの同級生で、10代のうちに結婚しました。

初体験も元旦那で、他に男の人を知らないまま結婚してしまった感じです。

そのため、二十歳そこそこですでにセックスレスのような状態でした。

子供も作る前にセックスレスだなんて・・・と思うものの、就職もしないで

世間を知らずに結婚してしまった私には、離婚も考えられませんでした、

 

それに、若いということもあって、遊ぶ友達もたくさんいたし

セックスしなくてもいいやと思う自分もいたのかもしれません。

 

仕事をしていなかった私は、暇を持て余していてネットの中だけでは独身の

S美という人物になりきっていました。

独身のハタチ、男性経験豊富なS美は、たくさんの友人に囲まれていました。

元旦那は連日深夜に泥酔して帰ってくるような、体育会系の仕事だったので

私には時間の制約が無かったのです。

 

ネットの中のS美は、Aという男性とカップルのようになっていました。

もちろんネットの中だけのことですし、個人的にメールのやり取りはするけれど

お互いの連絡先も知らないような関係です。

徐々に、2人だけで話すようになり、チャットエッチというものもしたりしていました。

それでも顔は出さないように、映さないように気をつけていました。

 

元旦那とは相変わらず、空気のような関係で、私がそんなことをしているとは

思ってもいなかったと思います。

 

そんな日々が続いていくうちに、私はA中心の生活になっていきました。

携帯の番号やアドレスも交換していて、Aからは毎日メールが頻繁にきました。

時間があれば電話で話したりもするように。

とうとう、会いたい気持ちが抑えられなくなり、会うことになりました。

 

元旦那はほとんど飲んで帰ってくる生活は変わらず、休みも不定休でした。

私が県外の友達の家に泊まりに行って来る~と言っても、何も疑いませんでした。

 

これで、3日間、完全にフリーです。

Aとは、Aの暮らす市のとある駅で待ち合わせました。

顔を合わせるのは初めてです。

でも、すぐに分かりました。

あっちも同じだったそうです。

 

「やっぱり可愛いなあ、想像したとおりやったわ」

 

笑うAの顔も、すごく可愛かった。

私が既婚者であることは、随分前に話していました。

お互いに色々な悩みも、深い話もしていたので、何も隠すことはありません。

 

「旦那さんに悪いなあ・・・本当に大丈夫?」

 

心配してくれるAですが、私が元旦那に愛情が無いのは分かっているはずでした。

お互いに惹かれあっていても、ただひとつ、既婚者と言う事実だけが

私達にブレーキをかけていたのだと思います。

 

夜、私はホテルを予約していました。

Aが家には泊められない、やっぱりそれは出来ないと言ったからです。

元旦那が気まぐれで何か調べた時に、怪しまれないようにということもありました。

 

1日色々な場所をデートして、夜も素敵なレストランでお酒を一緒に飲みました。

終電の時間が迫って、Aは「また明日な」と言いましたが、私は首を振りました。

困ったようにAは笑いましたが、私は絶対に離れたくなかった。

「お酒飲むだけ、絶対それだけ。だから部屋に来てよ!」と、しつこく言いました。

嫌われるかもなあと思うぐらい、しつこかったはずです(笑)

 

根負けしたAは、分かった分かったと、一緒にコンビニでお酒とおつまみを買い込み

私のホテルへ行きました。

 

部屋に入ってから私はドキドキが止まりませんでした。

とにかく、絶対に押し倒してやると思っていたのです。

 

Aも、私と目を合わそうとしませんでした。

ちょっと離れた場所に座って、談笑しながらお酒を飲む私達。

私がわざとちょっかいをかけると、コントかと思うくらい身体がビクッと跳ねるA。

何度か繰り返していたら

「なんでこんなに酷いことするんや?俺が我慢してるの分かるやろ・・・」

とため息をつくA。

 

私こそ哀しくなってしまいました、私は我慢なんてして欲しくなかったから。

 

「だって、抱いて欲しいから。決まってるじゃんか!」

叫んだ瞬間、涙がばーっと流れてきて号泣してしまいました。

 

「決まってるじゃん!じゃなかったら、こんな所まで来ないよ!来てないよ!」

 

Aは驚いて立ち上がり、すぐに私を抱きしめてくれました。

 

「ごめん、ごめん。ダメだと思うのに、強く拒めん。好きなんや」

私をきつく抱きしめながら、Aも震えていました。

 

「だったら抱いてよぉ!」とワンワンと泣く私。

 

やっと、やっとAとベッドに入ることが出来ました。

私は元旦那しか男を知りません、

中学生の頃の初体験から、それはほとんど変わらない行為で、

「イク」なんて都市伝説なんじゃないかとすら思っていました。

 

そんな淡白な自分も話していたので、Aは「今日はじっくりHしてみよう」と言います。

 

アソコを舐められたのも初めてでした。

クリトリスがこんなにも感じるということも、初めて知ったんです。

長い時間アソコを舐められて、指を出し入れされながらクリトリスを吸われる、

こんな経験、快感、知らなかったです。

そして、クリトリスを噛まれた瞬間、電気が走ったように身体が波打ちました。

 

「これがイクってことなの!?」

 

ビックリでした。

こんなに苦しいくらいの快感があるんだ!こんなに気持ちいいんだ!

感動にも近かったです。

そして、Aが入って来た時は、やっと繋がれたんだと思うと苦しくなりました。

嬉しいのと切ないのと、不思議な感覚でした。

 

いつも正常位かバックしかしない旦那と違い、Aは色々な体位を試してくれました。

この日、中でイクことは出来なかったけど、本当に気持ち良かった。

セックスってこんなに幸せな気分になれるものなんだと、知ることが出来た瞬間でした。

 

その旅行以来、Aと会うことは出来ませんでしたが、ずっと心は繋がっていると

確信が持てていました。

連絡も途絶えることなくしていたし、愛の言葉も1日中言い合っていました。

 

それから、1年くらいが過ぎた頃、突然元旦那の多額の借金が発覚しました。

飲み代のほとんどが、キャバクラだったり、さらには風俗の借金もありました。

私は元旦那に対しては完全に気持ちが冷めていたのですが、

さらにこれ以上ないくらいに冷めていくのが分かりました。

むしろ嫌悪感しかありませんでした。

自分も不倫をしたとは言え、家庭にそれだけは持ち込まないと決めていたからです。

だからAとも会わなかった。

その後は、お互いの親族総出で大騒ぎでした。

ともかく、元旦那が悪いのは動かしようの無い事実ですから、大騒ぎの末離婚。

私自身負い目もあり、慰謝料はもらわず、最悪の結婚生活は終焉を迎えました。

 

Aとはその後数年お付き合いして、昨年、プロポーズされ結婚しました。

一度もブレることなく、私を愛し続けてくれた彼に、

私の家族も感謝でいっぱいの様子でした。

私の両親の反対が、結婚まで時間が掛かった原因だったんです。

バツ1で何の取り得もないようなバカ娘を、Aさんに押し付けるわけには行かないと

父も母も猛反対。

それでも、ずっと説得を続けてAと結婚できました。

Aのご両親には本当に申し訳ないです。

自分の子供にだけは、こんな馬鹿なことさせないようにしたいなあと実感しています。

勢いで結婚するのも、不倫も、絶対にダメだなって、心から思います。

 

今は浮気したいなんて、少しも思いません。

この幸せを守っていきます。

 

(20代 主婦)



 

メルマガを友達に教える

ネットの中だけ独身の私が出会った人とHow to sex 女性カウンセラーが答えるセックス悩み相談解決 ハウ・トゥ・セックス

HOME -> セックス体験談 -> セックス体験談 » 不倫体験 -> ネットの中だけ独身の私が出会った人と

※豊富な経験があるセックスカウンセラーがお答えしますので、
自分で悩まずに、一度ご質問やご相談をしてみて下さい。

How to sex 女性カウンセラーが答えるセックス悩み相談解決 ハウ・トゥ・セックス、セックスカウンセラーにエッチな質問、相談をする